[古座川町] 町民に現金1万円を給付

 古座川町議会の第3回臨時会が7月31日に役場本庁議場であり、生活支援目的で町民に現金1万円を給付する事業などを盛り込んだ本年度一般会計補正予算〈第4号〉案が承認された。

 この事業は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した町独自施策の一つ。同日時点の全町民を対象とし、国の特別定額給付金申請時に伝えた口座番号へ給付する(申請不要)。同給付金の基準日・4月27日から7月31日までの間に出生、転入などで町民になった者と未申請者は振り込み先の口座番号を伝える手続きが必要で、死亡、転出などで町民でなくなった者は対象外としている。

(熊野新聞 2020年8月1日付紙面より)