[御浜町] 医療・福祉施設従事者に商品券を支給

 全国で新型コロナウイルスの感染拡大が危惧される中、御浜町は感染リスクの高い医療現場や社会福祉施設の従事者に「みはまオレンジ商品券」(1万円分)を支給することを決めた。従事者に敬意と感謝の念を表すとともに、町内の消費を喚起し、地域活性化を促すことが目的。

 対象者は、基準日(7月1日)に町内の医療・福祉施設に勤務または町民で町外の医療・福祉に勤務し、基準日以前に週所定労働時間が21時間以上ある人など。町内施設への勤務者は施設が申請し、町外勤務者は施設の証明を受けて個別に申請する。

 申請は8月3日(月)から9月30日(水)まで。町では「対象となる医療・福祉施設は医師が従事していることや介護保険法、障害者総合支援法、児童福祉法などに基づくサービス提供をしているなどの条件もあり、詳細については町民に支給される商品券に同封された案内チラシや町公式ホームページなどをご覧ください」と呼び掛けている。

 問い合わせは町健康福祉課地域包括支援係(電話05979-3-0514)まで。

(熊野新聞 2020年7月31日付紙面より)