[和歌山県] 安心な観光地づくり促進事業費補助金

 和歌山県は、観光客が安心して訪問できる魅力ある観光地を形成するため、新型コロナウイルス感染症の影響により大きな打撃を受けた県内観光関連事業者が実施する持続的な感染症防止対策、感染リスク軽減に資する大規模な投資を伴う施設整備などに要する経費を補助する「和歌山県安心な観光地づくり促進事業費補助金」に係る事業者を募集している。事業規模が総額300万円(税抜き)以上の事業で、補助上限額は1000万円。

 補助対象は▽宿泊施設、温泉保養施設、観光バスやタクシーなどの交通施設、休憩食事施設、観光土産品販売施設、不特定多数の者が利用する観光施設と認められる施設などを県内で運営している▽令和2年2月から8月までの期間におけるいずれかの月の売上高が、前年の同月などにおける売上高と比べて20%以上減少している―のいずれも満たす観光関連事業者。

 補助対象事業は「施設・設備改修のための事業」「設備機器を導入するための事業」「システムを導入するための事業」の3種類。補助事業期間は令和2年5月1日(金)から令和3年2月28日(日)まで。期間内であればすでに実施した事業も対象となる。

 申請期間は10月30日(金)まで。申請書は簡易書留など追跡ができる方法で、〒640―8585 和歌山市小松原通1の1、和歌山県庁(観光集客=観光振興、飲食業=食品・生活衛生、運輸=総合交通政策)課に郵送する。

 詳細や申請書様式などは観光振興課ホームページ内「和歌山県安心な観光地づくり促進事業費補助金について」【こちら】を参照。

(熊野新聞 2020年7月11日付紙面より)