[新宮市] 臨時特別給付金、3月から家計急変世帯の申請受付

 新宮市は、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について、家計急変世帯の申請を3月1日(火)から受け付ける。申請期間は9月30日(金)まで。

 同給付金は、令和3年度分住民税非課税世帯や、令和3年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、住民税非課税世帯相当となった世帯を支援するもので、1世帯当たり10万円が給付される。

 対象は新型コロナの影響を受けて令和3年1月以降の収入が減少し、世帯員全体のそれぞれの収入が住民税非課税相当となった世帯(「令和3年度住民税非課税世帯」と重複しての受給はできない)。

 受給には申請が必要。要件を満たす世帯の人は、臨時特別給付金事務局(市役所別館)、三輪崎支所、高田支所、熊野川行政局で配布している申請書(市ホームページからもダウンロード可能)に必要事項を記入し▽申請・請求者本人確認書類の写し▽受取口座を確認できる書類の写し▽簡易な収入(所得)見込額の申立書(配布)▽収入の状況を確認できる書類の写し―とともに提出する。郵送(〒647―8555 新宮市春日1の1、新宮市臨時特別給付金事務局)でも申請可能。

 問い合わせは同事務局(電話0735-23-3301)まで。

(熊野新聞 2022年2月26日付紙面より)