[和歌山県] 中小企業への融資対象拡充・上限引き上げ

 和歌山県は1日から、新型コロナウイルス感染症の深刻さを踏まえて国が経済対策で拡充する制度を活用し、金融機関の継続的な伴走支援を受けながら経営改善に取り組む中小企業者を対象とした資金(伴走支援枠)の融資対象者拡充や融資上限の引き上げを実施した。

 改正前の融資対象者は、セーフティネット保証4号、5号、危機関連保証のいずれかを受けた中小企業者だった。改正後は、それらの認定を受けていなくても、売上高等の減少が15%以上、または売上高等の減少が5%以上かつコロナ前と比較して15%以上の中小企業者も対象となる。融資上限は4000万円以内から6000万円以内に引き上げる。

 その他の改正点や詳細な要件などは、和歌山県のホームページの「和歌山県中小企業融資制度の御案内」【こちら】で確認できる。

(熊野新聞 2022年2月8日付紙面より)