[紀宝町] 時短要請協力店舗に協力金を支給

 紀宝町は、三重県の営業時間の短縮などの要請に準じ、時短に協力する町内の飲食店、町に住民登録のある個人事業主または町内に本店を置いている法人で町外に店舗などを営む飲食店に対して、協力金を支給する。

 町の単独事業で、1店舗当たり1日2万円(定休日含む)を支給する。都道府県などの協力金との重複不可となる。

 要請期間2月13日(日)までで、1月24日(月)までに時短営業開始であれば支給対象となる。

 時短要請の内容は次の通り。

①あんしんみえリア認証店など各都道府県の感染症対策認証店=営業時間午後9時までに短縮(酒類提供可)または営業時間午後8時までに短縮(終日酒類提供禁止)
②これ以外の飲食店=営業時間午後8時までに短縮(終日酒類提供禁止)

 主な支給要件は次の通り。

①紀宝町内の飲食店および町に住民登録のある個人事業主または町内に本店を置いている法人で町外に店舗などを営む飲食店
②時短要請の期間中、支給対象事業者の全店舗で時短営業などに全面的に協力すること(休業も含む)
③1月20日以前から、食品衛生法上の有効な許可を取得しており、時短要請期間の全てを通して有効であること
④1月7日時点で、通常の営業終了時刻が午後8時または午後9時(要請内容の短縮する営業時間)を越えていること
⑤同一グループの同一テーブルでの利用を原則4人以下とすること

 申請方法、受け付け期間などは詳細が決まり次第、町のホームページに掲載する予定。対象外などもあるため、詳しくは紀宝町役場産業振興課(電話0735-33-0336)か紀宝町商工会(電話0735-21-6475)まで問い合わせを。

(熊野新聞 2022年1月23日付紙面より)