[古座川町] 大学生等生活支援給付金

 古座川町教育委員会がこのほど、大学生等生活支援給付金の申請受け付けを始めた。

 この給付は新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した事業の一環で、同感染症の影響を受ける大学生などの生活支援が目的。対象は9月1日時点で本人かその生計を維持する者(保護者)が町内に住所を有している学生で、大学生等と見なす在学区分は▽大学(大学院含む)▽短期大学▽専門学校▽高等専門学校(4年生以上)▽職業能力開発校▽予備校―としている。

 給付は学生1人につき1回とし、額は一律7万円。給付は学生の開設する口座への振り込みとしていて、申請時には所定の申請書と口座番号がわかるもの(通帳やキャッシュカードの写しなど)と学生証(両面写し)または在学中を証明できる書類(写し)が必要となる。

 申請窓口は役場本庁・各出張所、保健福祉センター、中央公民館で、申請書は窓口のほか同町公式ホームページからダウンロードして入手できる。受け付けは窓口提出を基本とし生計を維持する者による代理申請も認める(申請書に押印が必要なため。ただし振り込み先は学生本人の開設口座に限る)ほか、学生本人の郵送(〒649―4104 古座川町高池777番地 古座川町教育委員会「大学生等生活支援給付金」係)による申請にも応じるという。

 申請期限は11月30日(火)で郵送申請時は必着に注意。問い合わせは同町教委(電話0735-72-3344)まで。

(熊野新聞 2021年10月5日付紙面より)