[和歌山県] マスク着用困難者に「意思表示カード」

 和歌山県は、さまざまな原因で、新型コロナウイルス感染予防のためのマスクなどの着用が困難な人のために「意思表示カード」を交付する=写真。費用は無料(交付は1人1枚)。

 対象者は▽発達障害、感覚過敏、呼吸器機能障害、皮膚の病気などやむを得ない事情によりマスクなどの着用が困難である人▽県内在住または県内に通勤・通学の人。

 申込先、交付場所は、県障害福祉課、各振興局健康福祉部、東牟婁振興局健康福祉部串本支所。郵送で申し込みを希望する場合は、返信用切手(120円)を同封し、送付先住所、氏名、連絡先を明記し、「〒640―8585 和歌山市小松原通1の1 和歌山県障害福祉課」に送付する。

 県では「マスクの着用が困難な人がいることを知り、思いやりのある行動をお願いします」と呼び掛けている。

(熊野新聞 2021年9月14日付紙面より)