[那智勝浦町] 事業継続支援金の申請受付中

 那智勝浦町は新型コロナウイルス感染症の影響で大きく事業収入が減少した中小企業者または個人事業者に対して、事業継続の下支えを図ることを目的に10万円の支援金の交付を行う。申請期間は8月31日(火)まで。

 交付は▽中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業または個人事業者(農林漁業者含む)▽令和3年1月から6月までのいずれかの月の売上高が、前年または前々年の同月に比べ50%以上減少していること▽比較対象とする前年または前々年の1月から6月までの6カ月間の売上高合計が30万円以上あること▽次のかっこのいずれかに該当する人。「令和3年1月1日現在で町内に住民登録を有する個人事業者」「町内に主たる事業所を有する事業者(法人または個人)」「町内で施設運営する観光関連事業者」▽令和3年1月1日以前から事業収入(売り上げ)を得ており、かつ、支援金の交付申請の日以後も事業を継続する意思があること―が対象となる。

 交付額10万円は店舗、事業所ごとではなく、事業者単位での交付となる。

 申請方法は「交付申請書兼請求書(様式第1号)」「宣誓書(様式第2号)」に必要事項を記入・押印の上、必要書類を添付して提出する。郵送も可。申請書は町ホームページから取得できるほか、同町役場や各出張所、南紀くろしお商工会でも配布している。

 添付書類は▽比較対象とする前年または前々年の「確定申告書」などの写し▽令和3年1月から6月までのうち売上高が減少した月の「売上台帳」などの写し▽振込先口座の通帳の写し―などが必要。

 提出先は町役場観光企画課(同町築地7の1の1)または、南紀くろしお商工会(同町築地8の5の1)で郵送でも受け付けている。

 平成31年1月2日から令和3年1月1日までの間に新規開業された事業者で、売上高の比較方法などの詳細が分からない場合やさまざまな問い合わせは観光企画課(電話0735-52-2130)まで。

(熊野新聞 2021年8月6日付紙面より)