[新宮市] 高齢者や家族介護者の相談窓口利用呼び掛け

 新宮市では、コロナ禍における自粛期間長期化で心配を抱える高齢者や家族介護者に対し、相談窓口の利用を呼び掛けている。

 自粛が続く現状において、高齢者が地域との交流が少なくなり閉じこもりがちとなることから、さまざまな課題が生じつつある。

 市では▽気持ちが不安になる▽身体機能の衰えが心配▽物忘れが進んできたように思う▽買い物や掃除ができなくなってきた▽家族の介護に疲れてきた―などの不安を抱える1人暮らしの高齢者や、高齢者だけの世帯について、地域で孤立することのないよう相談窓口を設け対応に当たっている。

 相談窓口は次の通り。

■新宮市高齢者相談センター(地域包括支援センター)=市役所別館(電話0735-23-3306/直通)
■新宮市熊野川地域包括支援センター=熊野川行政局内(電話0735-44-0370/直通)
■新宮市役所健康長寿課(電話0735-23-3333/代表)

(熊野新聞 2021年1月31日付紙面より)