[新宮市] 中小事業者の21年度固定資産税を減免

 新宮市は、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが減少した中小事業者などの事業用家屋や償却資産に対する固定資産税を、2021(令和3)年度分に限り減免すると発表した。土地は減免対象外。

 対象者は、今年2~10月の連続する任意の3カ月の事業収入が、前年同期と比べ30%以上減少した中小事業者など(法人・個人)。減免割合は、前年同期比30%以上50%未満の減少で2分の1、50%以上の減少で全額。

 申請は、市ホームページに掲載している申告書に認定経営革新等支援機関等(税理士、公認会計士、商工会議所など)の承認を受け、添付書類を添えて市役所税務課に提出する。

 添付書類は▽収入減少を証明する書類(会計帳簿、青色申告決算書など)▽特例対象家屋の事業割合を示す書類(青色申告決算書など)▽不動産賃料を猶予した場合は猶予の期間・金額などを確認できる書類。

 申請期間は来年1月4日(月)~2月1日(月)。詳しくは市ホームページ「新型コロナ関連」または中小企業庁ホームページ「財務サポート→税制」で確認する。

(2020年12月4日付紙面より)