[新宮市] 事業者のための相談窓口開設

 新宮市は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者からの相談対応を強化するため、14日から市役所別館の「新型コロナウイルス感染症経済対策室」内に相談窓口を設置する。事前予約制で午前9時30分から午後4時30分までの間で1日5回開設する。9月30日(水)まで(土・日曜、祝日除く)。

 わかやま産業振興財団から派遣された専門家が、持続化給付金や家賃支援給付金をはじめとする国、県、市支援策、資金繰りなど事業者に関わる相談に答える。中小企業庁の「よろず支援拠点」事業を活用している。

 問い合わせは同対策室(電話0735-23-3333、内線8606)、相談予約は商工観光課(同、内線3001、3002)まで。相談の際はマスクを着用し、熱のある場合の利用は控える。

(熊野新聞 2020年7月14日付紙面より)