[紀宝町] 中小企業などへの軽減措置

 紀宝町は、新型コロナウイルスの影響による収入減などに対応する税の軽減措置について町のホームページで公表している。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい経営環境にある中小事業者などは、令和3年度課税の1年分に限り、償却資産および事業用家屋(土地は除く)に係る固定資産税および都市計画税の課税標準額が2分の1またはゼロとなる。

 この軽減措置を受けるためには、認定経営革新等支援機関などにより本特例措置の適用要件を満たしていることの確認を受けた上で、令和3年1月4日から31日までに紀宝町役場税務住民課へ軽減の申告が必要となる。

 軽減の内容は、本年2月から10月までの任意の連続する3カ月間の事業収入の合計額が、前年の同期間の事業収入の合計額と比べて30%以上減少している場合、課税標準額の割合を軽減するもの。

 申告方法などは「中小企業庁ホームページ(固定資産税等の軽減措置)」で確認できる。問い合わせは同町役場税務住民課(電話0735-33-0337)まで。

(熊野新聞 2020年10月28日付紙面より)