[紀宝町] 高齢者のインフルエンザ優先接種始まる

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、高齢者を対象としたインフルエンザワクチンの優先接種が始まっている。

 今年は最大約6300万人分のワクチンを供給する予定で、厚生労働省は「高齢者以外は10月26日まで接種をお待ちいただくようお願いします。より必要とされている方に確実に届くようご協力を」と求めている。

 紀宝町では▽接種時に満65歳以上▽60歳以上65歳未満で心臓・腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり、接種を希望する人―は自己負担が1500円(生活保護受給者・境界層該当者は無料)となる。

 実施期間は来年1月31日(日)までで、同町、御浜町、熊野市、新宮市の医療機関で接種する。接種回数は1回。接種時に健康保険証、健康手帳などを持参する。

 町では「接種を希望する医療機関に必ず電話で予約し、予診票は医療機関の窓口で受け取ってください」と呼び掛けている。

(熊野新聞 2020年10月4日付紙面より)