[紀宝町] 町内への宿泊者に商品券を配布

 紀宝町は町内宿泊施設への利用者を対象に、町内で使用できる商品券を配布する観光誘客促進事業を開始した。実施期間は来年1月31日(日)までで、予算がなくなり次第、終了となる。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策で、町内への観光誘客、観光客による町内での消費喚起を図り、商工業の振興、地域活性化に寄与することが目的。

 宿泊金額の2分の1相当額(上限1人1泊3000円、最大5連泊分まで)の町内で使える商品券を配布する。

 宿泊対象施設は▽ビジネスホテルAlineサンライト(鵜殿)▽農家民宿はなあそび(神内)▽農家民宿るん家(神内)▽紀宝町飛雪の滝キャンプ場(浅里)―の四つで、商品券を利用できる加盟店は町のホームページに掲載している。

(熊野新聞 2020年10月17日付紙面より)