[新宮市] 経営持続化支援金と経営相談・給付金窓口、30日で終了

 新宮市は、新型コロナウイルス感染症に係る支援策として5月20日から受け付けを開始していた「新宮市経営持続化支援金」と、7月14日から市役所別館で開設していた「新宮市経営相談・給付金窓口」を、今月30日(水)で終了する。

 市では、持続化支援金について「まだ申請がお済みでない方は申請書記入の上、必要書類を添えてお申し込みを」。窓口に関しては「資金繰り、各種給付金などについてご相談いただけます。30日までにご相談を」と呼び掛けている。

 問い合わせは、新型コロナウイルス感染症経済対策室(電話0735-23-3333/経営持続化支援金は内線8603、8604、8605、経営相談・給付金窓口は内線8606)まで。

  □     □

■新宮市経営持続化給付金
▽郵送で申請の場合は30日の当日消印有効
▽窓口へ持参の場合は同日午後5時15分までに市役所3階商工観光課窓口へ提出する

■事業者のための「新宮市経営相談・給付金相談窓口」
▽窓口閉鎖は30日午後4時30分
▽予約先は商工観光課(電話0735-23-3333/内線3001、3002)

(熊野新聞 2020年9月25日付紙面より)