[御浜町] 県外移動は慎重に行動を

 御浜町の大畑覚町長は7日、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、町民にメッセージを発した。町内では7月28日に感染症者が確認されたが、濃厚接触者全員の陰性が判明し、地域内の感染拡大は現在のところ確認されていないという。

 手洗い、マスクの着用、身体的距離の確保、三つの密(密集、密接、密閉)の回避など新しい生活様式の徹底を求めた大畑町長は「感染は誰にでも起こりうることで決して他人事ではありません。感染された方に対する人権侵害、誹謗(ひぼう)中傷などの行為などは絶対に行わないでください。不確かな情報に惑わされることなく冷静な行動をお願いいたします」と呼び掛けている。

 感染拡大防止のため、県外移動について移動先の感染状況などを確認するなど慎重に検討し、特に繁華街など感染者が急増している場所との往来は避けるよう要請。県外在住者に対し、帰省などを考えている場合は十分に考慮するようにし、若い世代には日常生活で「うつらない、うつさない」を意識した慎重な行動を求めた。

 町内事業者には業種や施設の種別に応じた感染拡大予防ガイドラインの実践を求め、改めて従業員への周知徹底や感染防止対策を講じている旨を店舗内に掲示するなどの対策を依頼した。

 町では今後も県や関係機関と連携し、感染拡大の防止に全力で対応するとしている。

(熊野新聞 2020年8月9日付紙面より)