[紀宝町] 町独自の「緊急事態宣言」を発表

 御浜町で新型コロナウイルスの感染が判明したことを受け、紀宝町は29日、新型コロナに対応した事前行動計画(タイムライン)のステージを4に引き上げ、町独自の「緊急事態宣言」を発表した。

 タイムラインは各課の行動計画を取りまとめたもので、1~5のステージを設定。この計画を基に各課がそれぞれ行動する。近隣市町で確認された場合がステージ4で、町内での感染や感染拡大が想定される際は5(非常事態)となる。

 緊急事態宣言を発表した西田健町長は町民に向けて、「ご自身と大切な人の命を守るため、三つの密(密閉、密集、密接)を避け、手洗い、せきエチケット、人と人の距離の確保など基本的な感染対策をお願いします。外出の際は必要性や移動先について慎重な検討をお願いします。新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめなどは決して許されるものではありません。不確かな情報に惑わされず、正確な情報をご確認の上、お互いを思いやり、冷静な行動をお願いします」と呼び掛けた。

 町では感染拡大防止対策として、31日から約2カ月間、分散業務を開始する。役場庁舎に隣接する防災拠点施設5階の研修室とフロアにワークスペースを設ける。

(熊野新聞 2020年7月31日付紙面より)