[三重県] 「BA・5対策強化宣言」を発出

 新型コロナウイルスの感染の急拡大を受け、三重県は5日、政府が創設した「BA・5対策強化宣言」を県内全域に発出した。期間は21日(日)まで。

 県内では、新型コロナウイルス感染症のオミクロン株BA・5により感染者数が急増。入院患者も増加し、4日には病床使用率が50%を超え、救急医療にも影響が出始めるなど医療提供体制への負荷が大きくなっている。

 重症化リスクの高い高齢者などに感染を広げないため、強化宣言では、県民に対し▽基本的な感染防止対策の再徹底▽ワクチン接種機会の活用▽検査の活用▽感染リスクの高い行動への対策▽会食時の対策▽医療機関の適切な受診―を呼びかけている。

 一見勝之知事は「医療提供体制の逼迫(ひっぱく)を防ぎながら、社会経済活動の維持に取り組んでいくためには、さまざまな活動を大きく制限するのではなく、重症化リスクのある方への感染を防止するための対策が必要です。高齢者など重症化リスクの高い方ご本人が日々の生活の中で、感染防止対策を徹底いただくとともに、同居家族を含め周囲の皆さまも高齢者などにうつさないための対策の徹底をお願いいたします。感染拡大を抑えるためには、高齢者などや同居家族の方のみならず若い世代も含め全ての世代で対策に取り組むことが重要です。引き続き、県民の皆さま、事業者の皆さまに適切な感染防止対策の徹底をお願いいたします」とコメントを出した。

(熊野新聞 2022年8月7日付紙面より)