[串本町] 町職員2人の感染を公表

 串本町は1日、職員2人の新型コロナウイルスへの感染を公表した。

 1人は消防本部職員で、6月26日まで勤務。翌27日午前に同居家族がPCR検査で陽性となったためただちに自身も同検査を受け、結果は陰性だったが濃厚接触者として自宅待機を始めた。30日に倦怠感やせきの症状があり同検査を受けたが結果は陰性。今月1日に発熱を伴ったため同検査を受け陽性が判明した。

 1人は所属非公表で6月27日まで勤務。家族が今月1日に同検査を受けて陽性となりただちに自身も同検査を受けたところ陽性と判明した。

 いずれの職員も他の職員との濃厚接触はなし。先月27、28日、今月1日と職員の感染公表が立て続く状況にあり、町は従来通りの感染防止対策をいま一度徹底して業務を継続するとしている。

(熊野新聞 2022年7月5日付紙面より)