[紀宝町] 7月に平日夜間のワクチン接種を追加

 紀宝町は新型コロナウイルスワクチンの集団接種の日程を平日の夜間に拡大する。7月7日(水)、14日(水)の午後7時から9時まで町生涯学習センターまなびの郷で実施する。8月以降は、ワクチン供給状況を鑑みながら医療関係者と調整するという。

 町新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクトチームでは「昼間仕事に従事されている方が接種しやすいよう平日夜間の日程を追加しました。希望される町民の皆さまにできる限り早く接種していただき、安心していただけるよう全力を尽くします」とコメントしている。

 現在、60歳以上の予約を受け付けており、7月1日(木)からは55歳以上に対象を広げ、電話に加え集団接種のインターネット予約も開始する。

□     □

■キャンセル時接種希望者募集
 ワクチンを無駄にせず一人でも多くに接種するため、町では集団接種会場か町内医療機関で当日の急なキャンセルや接種見合わせ、集団接種の定員数が予定人数に達していないなどの理由により、余剰ワクチンが発生した場合、急な連絡でも接種を受けることが可能な接種希望者を募集する。7月1日午前9時から申し込みを受け付ける。

 登録条件は▽接種券が送付され、町内に住民票のある16歳以上の人▽電話連絡を受けてから30分以内に自分で接種場所まで行ける人▽集団接種または医療機関などで、まだ接種予約をしていない人。

 専用メールフォームから申し込むか、役場みらい健康課窓口で申込書を記入し、事前登録を行う。その後、キャンセルなどでワクチンの余剰が発生した場合に登録者に町から電話が入る。電話で役場から指定された会場、時間で接種する。電話による受け付けは行っていない。

 登録後、必ず連絡があるとは限らない。登録受け付け順に連絡し、電話がつながらない場合は、次の希望者に連絡する。登録した人で人数が確保できない場合は集団接種会場スタッフ、役場清掃業務従事者、役場水道管理従事者などに接種する。

 問い合わせは、ワクチン接種専用ダイヤル(電話0735-33-0363)まで。


専用メールフォームへのQRコード

(熊野新聞 2021年6月30日付紙面より)