[紀宝町] 16~64歳にワクチン接種券を郵送

 紀宝町は16~64歳の町民5436人に新型コロナウイルスワクチンの接種券などを郵送した。

 ワクチン接種は17日(木)から基礎疾患を有する人、22日(火)から高齢者施設などの従事者と64、63歳、24日(木)から62~60歳の順で予約を受け付ける。

 クラスター発生を抑止する観点から、優先順位の人の接種機会を損なわない範囲で、町内の▽保育所・幼稚園など▽児童福祉移設で児童・障害児の入所・通所支援を行う施設▽高齢者、障害者(児)の通所・居宅サービス事業所など―の各従事者と、同じく町内で従事する放課後児童クラブの指導員、社会福祉協議会職員、小中学校教職員に対しても優先して接種する。

 59歳以下の予約開始日は再度、高年齢順で段階的に個別通知する。

 町新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクトチームでは「町内医療機関、紀南病院、在宅看護師の方々の協力を得て、希望される住民の方に少しでも早く接種ができるよう、また、昼間仕事に従事している方が接種しやすいよう、平日・夜間の集団日程の追加と、個別接種の夜間接種も実施を予定しています。詳細は個別通知などでお知らせします」としている。

(熊野新聞 2021年6月16日付紙面より)