[和歌山県] 「県民の皆さまへのお願い」を見直し

 和歌山県は、県内における新型コロナウイルス感染症新規感染者数などの状況を踏まえ、「県民の皆さまへのお願い」を見直し。「不要不急の外出を控える」ことについて、6日(日)までとすると発表した。

 7日(月)からは「安全な生活・安全な外出を心がける」に変更する。併せて「ワクチン接種後も引き続きマスク着用などの対策を」「キャンプやバーベキューは、キャンプ場など所定の場所で、管理者の定めるルールを守って密にならないよう感染対策をするとともに、ゴミは持ち帰る」も呼び掛けており、引き続き外出の際の基本的な感染防止の徹底を求めている。

 また県は、1日からの県立学校における部活動について、各県立学校宛てに「県外の学校との練習試合や合同練習等は禁止とする」「県内の学校との練習試合や合同練習等は、感染防止対策を徹底した上で、各競技団体が示すガイドライン等により、実施可能とする」「校内での活動については、基本的な感染防止対策を十分に講じた上で活動する」などを通知している。

(熊野新聞 2021年6月4日付紙面より)