[紀宝町] 「命と健康を守るために」町長がメッセージ

 熊野保健所管内の御浜町で新型コロナウイルス感染症患者が確認されたことを受け、紀宝町の西田健町長は11日、町民向けメッセージを発した。

 全国の感染拡大地域に発出されている緊急事態宣言が継続され、県内でも四日市市など県北部を対象地域として、まん延防止等重点措置が適用されているため、自身と大切な人の命、健康を守るため、次の呼び掛けをした。

  □     □

 「3つの密」(密閉、密集、密接)を避けるとともに、手洗い、マスクの着用、人と人の距離の確保などの基本的な感染対策を徹底してください。また、緊急事態宣言対象地域をはじめ、感染が拡大している地域への往来は控えてください。

 なお、新型コロナウイルス感染症に関連して、不当な差別、偏見、いじめなどは決して許されるものではありません。不確かな情報に惑わされず、正確な情報をご確認の上、お互いを思いやり、冷静な行動をお願いします。

 発熱などの症状がある場合は、かかりつけ医など、まずは、身近な医療機関に、必ず電話でご相談ください。相談する医療機関に迷う場合は、「受診・相談センター」(電話0597-89-6161)にご相談ください。

■一人一人の感染防止策
▽マスク着用
 症状がなくてもマスクを着用
▽家に帰ったら、まず手洗い・うがい
▽こまめに換気
 室内の温度、湿度にも注意
▽発熱などあれば無理をせず、自宅で療養、受診

■「五つの場面」に注意
▽飲酒を伴う懇親会など
▽大人数や長時間におよぶ飲食
▽マスクなしでの会話
▽狭い空間での共同生活
▽休憩室、喫煙所、更衣室など、居場所の切り替わり

(熊野新聞 2021年5月12日付紙面より)