[串本町] ワクチンの接種順を公表

 串本町が27日、専決処分により新型コロナウイルスワクチン接種事業に係る費用を確保したことを発表した。併せて町内における接種順位も公表。医療従事者等に続き、高齢者(65歳以上)から順に町民一般への接種機会をつくるという。

 この事業は、国の施策と連動した市町村の役割として展開する。費用は全額国費負担。同町は本年度一般会計補正予算〈第11号〉に費用を計上し、26日付で専決処分をして接種に向け実動を始めている。

 費用は大きく▽接種環境の整備▽町民からの問い合わせに応じる「コールセンター」の設置―で構成され、同センターは保健センター内に置く方向で準備を進めている。

 接種順位は①医療従事者等(接種時期は2月下旬~3月中旬を予定)②高齢者③基礎疾患を有する者④高齢者施設等の従事者⑤60~64歳の者⑥その他の者。②の接種時期は専決処分時に3月下旬と予定したが、施策の大本、国の対応次第で確定する。③~⑥の接種時期は未定で、国が詳細を示し次第発表する。

 同町は接種の順位と期間に従って対象者に個別通知し、折り返しの申し込みに基づいて接種券を発行し機会をつくる。接種場所は検討中という。

 この事業について、当面の問い合わせは同町福祉課(電話0735-62-0562)まで。

(熊野新聞 2021年1月29日付紙面より)