[紀宝町] 「感染予防・拡大防止のために」町長がメッセージ

 新型コロナウイルス感染予防、拡大防止に向けて、紀宝町の西田健町長は町民に向けて文章でメッセージを発信した。

 これまで防災行政無線やホームページ、新聞掲載で感染予防を呼び掛けてきた。文章による全町民への発信は今回が初めてで、「広報きほう2月号」に折り込み、全戸配布した。

 町長メッセージは次の通り。

  □     □

 全国的に感染者数が増加しており、近隣市町においても、年明け1月以降、東紀州地域(紀北町、尾鷲市、熊野市)および新宮保健所管内において職場内感染や家庭内感染など、感染者が報告されております。

 また、現在、全国の感染拡大地域においては「緊急事態宣言」が発出され、三重県においても、独自の「三重県警戒宣言」が発出されています。

 紀宝町におきましては、これまで感染者が確認されていない状況でありますが、これは町民の皆さまお一人お一人が、感染対策に対し高い意識を持ち、予防への努力を行っていただいていること、そして、医療従事者や福祉施設、企業をはじめ、各事業者の皆さまが感染対策を徹底し、ご対応いただいている賜物(たまもの)であり、改めて感謝申し上げます。

 町民の皆さまにおかれましては、感染予防と感染拡大防止のため、これまでにないさまざまな制限を受け、我慢とご苦労をされ、日々の生活を送っていただいていることと存じます。

 年末年始に会いたかった家族に会えない、生まれてくる子どもへの心配、高齢者や持病のある方は感染に対する恐怖、生活の不安や自粛による不便さなどが続く中、町民の皆さまそれぞれが、感染予防と感染防止対策を心掛け、忍耐強く、この新しい感染症を乗り越える努力を続けていただいていることに、心から敬意と感謝を申し上げます。

 現在、町ではコロナウイルスのワクチン接種を速やかに開始できるよう、現時点で政府が示す計画を基に、鋭意準備を進めております。接種を希望される皆さまには、円滑にワクチン接種を受けていただけるよう、全力を尽くしてまいります。

 引き続き、町民の皆さまとともに警戒を行い、感染対策に最大限努めてまいりますので、ご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

 町民みんなで一丸となって乗り越えていきましょう。

(熊野新聞 2021年1月28日付紙面より)