[御浜町] 「最大限の警戒感を持って」町長がメッセージ

 御浜町の大畑覚町長は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、次のメッセージを発信した。

  □     □

 医療、介護施設などの従事者の皆さまには年末年始を問わず、新型コロナウイルスの感染を防止しながら継続した業務を続けていただいていることに、改めて心より感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する可能性があります。感染された方やそのご家族、勤務先、医療機関の皆さま、外国人住民の方、県外から来町された方などに対する誹謗(ひぼう)中傷や差別はあってはなりません。偏見や差別につながる行為は絶対に行わないよう強くお願いします。

 本格的な冬を迎える中、町民の皆さまには、安心して年末年始を過ごしていただくため、1月11日(月・祝)までの間、引き続き最大限の警戒感を持って、次の感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。

■年末年始における移動を控えて
 GoToトラベル事業が全国で一時停止されるなど、強い対策が取られています。三重県でも県境を越える不要不急の移動を避けることが呼び掛けられています。やむを得ず移動をする場合も、感染リスクの高まる行動には十分注意をしてください。

■季節の行事、親族を含めた飲食の場における感染防止対策の徹底
 御浜町では1月5日(火)に消防出初め式の開催を予定しています。参加される皆さまには、会場での感染防止対策にご理解ご協力をお願いします。大みそか、初日の出、初詣など年末年始の行事でも混雑を避け、飲食の際は少人数で短時間を心掛けるなど感染リスクを下げる工夫をお願いします。

■親族が帰省を計画されている皆さまへ
 家族が帰省し、お正月をふるさと御浜町で過ごすことを楽しみにされている皆さまには大変申し訳ありませんが、帰省の時期をずらすことができないか、いま一度検討をお願いします。また帰省された際、高齢者や基礎疾患のある方と会う場合には、家族であってもマスクの着用など感染予防対策の徹底をお願いします。

(熊野新聞 2020年12月30日付紙面より)